ふさぎこむ君へ(2007/03/18)

どうして生きることを頑張るの?
『生』にすがったトコで何になるの?

君が終わりたいと考えている、この瞬間に
多くが生まれて、多くが死に行く。

どちらが平等なのかは考えるまでもなく
どちらも平等えはなくていて
全てが理不尽なわけでもない。

大きな自然摂理の中で大きな意識の中で
望まずとも勝手に生を授かり死を賜るものなんだ。

自分は何かの「一」だと感じていても
全ての中では「一」にも満たない存在なんだ。

生から死への一貫性のない流れの中で、
もがき苦しみ終わりを望み自らを絶とうとし
恐れて薬で眠る。

今日も何も感じられない一日が始まり
何も終わらぬままに今日が過ぎ去る。

僕はただ君のいない一日が寂しい。
早く君が善くなりますように。


 

2007/03/18 mixi投稿分。
2018/10/11 編集。

当時、自分を見失った友を思って書いたメモ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください